長野市にある漢方とハーブのお店なつめや

漢方とハーブのお店 なつめや

長野市にある漢方とハーブのお店なつめや
2018/10/15

冷え性のタイプも様々

冷え性のタイプも様々

一言に冷え性、と言っても色々あります。
カウンセリングでも冷え性のご相談では
何が原因でどこが冷えているのかを詳しく探り、
それに対応した漢方薬をお作りします。

冷え性で手足の末端が冷えるのか、お腹が冷えるのか
腰が冷えるのか、お尻が冷えるのか、全身が冷えやすいのか
体温はどうか?など細かくお伺いします。

・体温そのものが低いタイプ
・末端冷えタイプ
・お腹・腰冷えタイプ
・冷えのぼせタイプ

に大きく分けて考えていきます。

 

☆全身が冷えやすいタイプ

体温が34度台〜35度台で身体のエネルギーそのものが低く、
胃腸やホルモンバランスなども弱いケースがあります。
そのため、全身を温めながら胃腸の働きを活発にします。
元々のエネルギーが弱い場合を『腎』の力不足と考えることもあります。
エネルギーをしっかり食べ物から取り入れ、循環させて
いくようにしていきます。気血の両方が不足しやすいため気血を補い、
温めることがメインになります。
食べ物では辛いものや刺激の強いものは控えて、胃腸に優しいもの、
タンパク質、また、黒い食材を少量ずつでもいいのでこまめに取り入れる
ことをお勧めします。また、極端に体温が低い場合は甲状腺ホルモンの
問題を含んでいることもあります。

 

☆末端冷えタイプ

血流が悪いこともありますが、血が不足していることもあります。
血を補いつつ、巡らせる漢方薬が中心となります。
血が少ない『血虚』という状態は胃腸の弱さが元にある
ことも考えられますので、やはり胃腸の働きを活発にしながら
ということも併せていきます。疲れやすい方は
『気虚』を補うように、補気させることも大切です。
疲れすぎないような軽い運動もオススメです。
黒酢や青魚など血流が活発になりやすい食材を取り入れましょう。

 

☆お腹・腰冷えタイプ

お腹が弱くて下痢をしやすい、腰が冷えてぎっくり腰をしやすい
という方々は『腎』と『脾・胃』の弱さがありますので、そのどちらも
補い活発にしていくようになります。
どちらかというと『腎』を補うことを中心に考えていくと
胃腸の働きも活発になります。
糖質を控えて、山芋・長芋・黒い食材を多く取り入れるように
します。夜も早めの就寝を心がけてください。

 

☆冷え・のぼせタイプ

のぼせるタイプの方は基本的には体力はある方々で
ストレスなどがたまりやすいことがあります。
下半身は冷え、上半身はのぼせるため、全身を温めるというよりも
血流を改善させ、下半身のみをしっかり温めていきます。
軽い運動やヨガ・気功などでストレスの元になっている
『気』の流れも改善させていきます。少し汗をパッとかくぐらいの
運動がオススメです。
食材では糖質を控え、血流を改善させやすい黒酢・青魚
などもい良いですが、柑橘やハーブなどをお使いになるのも
お勧めです。

ざっくり4タイプに分けましたが実際は複雑に
混在していることもあります。
どのタイプの方も共通して、おすすめなのは『足湯』です。
参考記事:足湯でそろそろ冷え対策を

これから寒くなる一方ですので、気になる方は
一度ご相談にいらっしゃってください。

・なつめやの365日ちょこっと養生メルマガ
・なつめやのご相談予約
・養生について
学びたい方:講座情報


 

2018/10/12

更年期とライフステージ

更年期とライフステージ

代表的な更年期症状というものが現れ、
年齢的なものを考えた時
自分も更年期なのかな、と考える時期がやってきます。

しかし、更年期というのは具体的に何歳〜というものではなく
人それぞれ症状の現れ方も、男性も更年期症状というものが
現れることがあり、人知れず、苦しんでいる男性もいるのです。

とは言え、東洋医学では女性は7の倍数、男性は8の倍数で
ホルモン分泌や身体の成長・老の過程が変化していきます。

女性では28〜35歳が気血が旺盛になるピークとなり
生命力が活発な時期。妊娠ズルならこと時期がやはり
一番望ましく、35歳以降は少しずつ衰えていき、49歳頃からもう一つの
下りピークに差し掛かります。
この辺りでいわゆる『更年期』の症状が現れ始めます。

男性ですと、56歳頃から男性更年期的な症状が現れてきます。

これは、あくまでも理論上の年齢です。

最近では若年性更年期症、などがありますから
年齢が若くても更年期的な症状が現れることがあります。


主な更年期症状

・下半身は冷え、上半身はのぼせる。
・急にドッと汗が出たり、寝汗をかく
・手足が急にカッと歩くなる、ほてる
・イライラしたり、落ち込んだり、気分の波が激しい
・眠れない、眠りが浅い
・動悸がする、物忘れが激しい
・抜け毛や白髪が一気に増えた
・頭痛・肩こり
などがあります。
他にもあるかとは思いますが主なものは上記のものになるかと思います。
これらは東洋医学では
〈気・血〉のバランスが崩れているところから生じていると考えます。
気はエネルギー=陽、血は体を作っているもの=陰
という陰陽の観点から観ることもできます。

陰陽をざっくり説明します(詳しい説明は後日記事にいたします)

陽は太陽・天を象徴とし、明るい・動きのあるもの・温熱のもの・気・男
陰は月・大地を象徴とし、暗いもの・静かなもの・冷えるもの、血・水・女

と区別されます。
なんとなくイメージがつくでしょうか?
この陰陽は相反する性質を持ち、互いに依存し、抑制し合います。
陽だけだと熱くなりすぎ、陰だけだと冷えすぎる。
それを互いにバランスをとりながら行き過ぎないようにしています。

女性はライフステージの中で
血を失う機会が多く、『陰』のエネルギーが不足気味になりがちです。
すると、相対的に『陽』のエネルギーが強くなります。
その陽のエネルギーが強くなると
イライラやほてり、のぼせ、動悸、不眠などが
現れやすくなります。
その一方で、陰も少ないが陽も少ないという方は
どちらかというとイライラするよち落ち込んだり、悩みがち
鬱っぽくなる傾向があります。
これは時期は違いますが、『産後うつ』も同じ理由から生じてきます。

また、五行の観点からも説明できますが、それは産後養生の記事で
詳しくかくこととします。

産後の養生と更年期

産後にしっかり、休むことができなかった、
出産時に大出血をした、
長期間、授乳をしていた
3〜4人の出産経験をしている、など妊娠時に血を失い
その回復が仕切れていないと『更年期症状』が早くから
現れたり、長く症状に悩んだり、ということになる傾向です。

そのほかの更年期になる原因

・夜勤が多い仕事をしていた
・夜は遅くまで起きている
・極端な食事制限をしたり、糖質が多くタンパク質が不足しがち
・激しく汗をかくような運動をしていた
・月経時の出血が多い

これは全て『血』が補いにくい状況です。
夜寝ている間に私たちは食べたものから『血』をつくりますが、
その原料はタンパク質です。
タンパク質を『陰』とするなら糖質はエネルギー、つまり『陽』
となり、陰が不足している状況に糖質が増えていくと熱量が
上がり、やはり更年期的な症状が現れやすくなります。
また、激しい運動で汗をかくと汗と血は同じものからできている、
という東洋医学の考え方から汗をかくほど血も失われます。

更年期症状を緩和する養生

・糖質(ご飯を除いて)は少なめに、たんぱく質は多めに
・夜は早く寝るように
・激しい運動ではなく、軽いウォーキングなどを毎日少しでも
やるように心がける

これは基本中の基本です。
けれど、これがなかなかできない〜、とおっしゃらず
やれることをコツコツやってみてください。
いろんな症状が出て、あっちこっちの病院へ行くよりも
自分が自分のために何か一つできることがあれば
それをやってみることから、色々なことが
変わっていきます。
自分の状態がよくわからない、
という方は一度ご相談ください☆

なつめやのご予約

色々勉強して学んでみたい→講座のご案内

2018/10/09

秋の乾燥は甘酸っぱさで潤す

秋の乾燥は甘酸っぱさで潤す

秋になると肌がパリーっと乾いてきたり
喉が乾いてきたり
髪がパサついてきたり
便がコロッと硬くて便秘がちになったりと
人によって『乾燥』の現れ方が違うと思いますが
秋からは乾燥に気をつけていかないと
体の中から乾ききってしまいます。
アトピーの方もじゅくじゅくから
カサーっとしてきて悪化していきやすい時期。

女性ならば乾いている、というのは
あまり嬉しくない言葉かもしれません。

体を潤す食材は梨やレンコン、白ごま、大根、白きくらげ、豆乳、牛乳、チーズ
などパッと見た目に『白っぽい食材』です。
そのほかに、『血』で潤す、ということも大切。
血虚の女性はパサつきやすかったり、涼しくなってきているのに
ほてったりすることがあります。
参考:『火照りと女性の体』

血を補う、白っぽい食材を取り入れる、いろいろな食材の組み合わせ方
ができます。
薬膳では食材の持つ特質を生かすということが大切ですが
調理の仕方、味付け方も一工夫されると
より効果的になります。

味付け方としては
『甘い』+『酸味』潤い効果を増す、ということができます。

梅干しやレモンなども思い出すだけで
唾液が出てきそうですが、
そこに少量の甘み、例えば蜂蜜を加えたり
すると甘みからの潤いもプラスされて効果アップします。
甘みというのは体に入ると水を生じますが
ベタベタした水で溜まりやすく、溜まってしまうと
『痰飲(タンイン)』となってしまい、これはこれで
厄介な存在ですから、甘みの取りすぎは
オススメしません。
(痰飲については改めて後日、説明いたします。)

我が家はレンコンをきんぴらにするよりも極薄スライスで
軽く炒めたものを甘酢で味付けします。

また、蜂蜜などは殺菌効果などもあるので
蜂蜜レモンなどは喉の潤い効果と併せて風邪予防に
秋冬は1日1杯程度は飲むと良いかもしれません。

本日は近所からざくろをいただきました。
ざくろだけでも潤す効果がありますが、
お酢に漬け込もうかと思います。

黒酢で甘酢にしていろいろな料理にお使いになってみると
血流も良くなるし、潤うし、一石二鳥的な
調味料になるかと思いますので、お試しください。

2018/10/06

漢方薬と生薬・煎じ薬

漢方薬と生薬・煎じ薬

漢方薬の原料を『生薬』と言います。
いくつかの生薬の組み合わせで漢方薬は出来上がります。
そして、漢方薬といっても
顆粒のものだけではなく、煮出して飲むタイプの『煎じ薬』も
あります。
なつめやでは『煎じ薬』を選んでいただく方が多いですが
場合によっては粉薬もご用意します。
粉薬の漢方薬を煎じ薬で作ると
全く違う味ですし、効果も・・・。

さて、この漢方の原料となる『生薬』ですが
これは産地、収穫時期、栽培期間などによって
だいぶ品質・性質に差が生じます。
野菜も果物も産地が違うと味も違うし
性質も微妙に変化します。
みなさんもご存知かもしれませんが、シナモン(桂皮・ケイヒ)も
生薬として使います。桂皮はベトナム産の肉厚のものが
最高級となりますが、口に含んだ時、とても
甘くて、本当に良い香りなんです。妊活されている方は
やはりこちらの桂皮を使った方が効果が期待できます。
(でも、めちゃめちゃ高価)

中国産のものはそこまで香り高く無く、甘みも薄い。
お値段そこそこ。

産地でだいぶ違う味と性質です。

生薬の栽培は野菜なんてもんじゃない

以前、生薬の栽培セミナーに参加して栽培の仕方を
伺ったことがあります。
例えば『当帰(トウキ)』や『芍薬(シャクヤク)』という生薬は
血を補う働きがあり女性の漢方薬には無くてはならない存在といっても
良いほどです。その当帰や芍薬は栽培して花が咲いたら花が咲く前に切り取り、
ということをして2〜3年育てるそうです。
その間、肥料も農薬も入れないので管理も大変。
根っこを生薬として使いますが、収穫後の畑は栄養が
なくなり、しばらく休ませるそうです。
人参(食べる人参では無く漢方薬に使うのはオタネニンジン)
も6年、7年と栽培したもの。
土地のエネルギーをそれだけ蓄えさせるのですから
そりゃあ威力は大ですし、金額は安くはないです。
近頃は中国人も生薬の良いものを買い占めてしまうので
日本に入ってくるものは値段が急騰しているものも
たくさん。
(いつまでなつめやがやれるかと、ヒヤヒヤものです)


そんな風になつめやの煎じ薬は『生薬』にこだわって
作っています。できるだけ多くの皆さんに、
長く続けていただきたいので価格をなるべく
抑えるように努力はしていますが、やはり
人参などが入るのは、生薬の仕入れ値自体が
桁違いになりますので、金額を上げざるを得ないこともあります。
ご理解いただけると助かります。

コーヒーもインスタントは手軽ですが、本当に美味しい
豆を挽いて入れたコーヒーは格別ですし、
別物の飲み物、みたいですよね。

そんな風に煎じ薬と粉薬の差はどうしても出てきてしまう
のは仕方ありません。

そうしてご用意する煎じ薬を二番煎じにしてご夫婦で
飲んでいただいたり、畑に撒いたりして
みなさん、最後まで活用していただいているお話を
伺うと、嬉しいな〜と思います。

毎回、仕入れている生薬が届くと
今回は品質大丈夫かな?とチェックを入れ
香りを確かめたり。
仕入先が不安定なものを送ってくると
そことの取引ではないところを探したりと
意外と漢方薬局は大変なのです(笑)
先輩の大先生に教えていただいた生薬の仕入先
も、肝心要のものは絶対教えてくれない。

漢方薬は苦いものもありますが、私個人としては
粉よりも飲みやすく美味しいです。

そして、体質に合うと症状が早い段階で変化しますし、
体質だけでなく、様々な感覚も変化してくるようですよ☆

また、生薬の中には食べるものも含まれています。
生姜や山芋、ごま、紫蘇の葉、紫蘇の実、なつめ、など。
体質に合わせて飲んだいただければ、長く飲むことが心配
というよりも、長く飲んでいても安心なものです。
ただ、その体質をチェックしていくというのが
難しいわけですが。

中国の漢方薬などは量が凄まじいものですので
長く飲むこと自体難しいですが、日本国内の
漢方薬は量も少なめなので体に優しい。

*漢方のカウンセリングはご予約で承っております。
ご予約はこちら

*養生について詳しく知りたい方は
講座にご参加ください
養生講座

 

 

2018/10/05

糖質断食のススメ

糖質断食のススメ

漢方のカウンセリングや、日々自分が食べているものを
観察して見ると圧倒的に『糖質』が多く、タンパク質が
不足しがちだな、と感じます。

漢方で『血虚』、つまり必要な血が不足していていたり
血虚から血の巡りが悪くなる『瘀血(オケツ)』の人が目立ちます。

体系がぽっちゃりしていても『血』が充実しているのか?
というと、そうではなく、単純に糖質が体に溜まった
ぼってりになってしまっている、という感じです。


糖質が溜まってくると

・ぶよぶよしてくる
・目の下、ほおがたるむ
・下半身が特に冷えやすくなる
・イライラしやすい
・胃がすっきりしない、下痢何便気味
・天気が崩れる前になるとめまいや頭痛、耳鳴りが起こりやすい
・水泡的なものができやすい

といった体調の変化や体型の変化が出てきます。
なんの関連性も無いように見えますが、東洋医学では
これらは全て糖質から起きてくる『痰飲(たんいん)』という
病理産物から発生してきます。
そして、この痰飲と瘀血がくっつくと『悪性物質』ができやすくなります。

そこでなつめやが提案したいのが

『糖質断食』

糖質を決められた期間、制限して、自分の味覚を
フラットな状態に戻し、体の中に溜まっている
糖質的水分を排泄させるためです。

糖質制限をずっとするのって
結構、気合が必要。
そして、糖質そのものの中身を見た時に
米・小麦などの主食になるものの糖質は
エネルギー源としては必要です。

糖質を1週間のうち2〜3日、主食の米以外の
糖質、果物やお菓子、ジュース、お酒などを
摂らない、というそれほどストイックでは無い断食。
米もできれば少なめにして
タンパク質やミネラルの入った海藻などを
多めに摂るようにしていただくと良いかと思います。

糖質断食のポイント
・嗜好品の糖質・果物・飲み物は摂らない
・主食となる炭水化物は小麦以外はOK(ご飯・そばなど)
・タンパク質は動物性・植物性のどちらも1日のうちに取り入れる
・野菜・海藻類なども取り入れましょう
・朝・昼は炭水化物である主食多めにして、夕飯は炭水化物を抜くか減らす。

炭水化物を減らすと、タンパク質を燃料に燃やし始めますが
効率が悪いですし、それだけ多くのタンパク質をとるには
強靭な胃腸の持ち主でないと難しいかと思います。
胃腸に負担ない範囲でタンパク質量を増やしていきましょう。

そして、糖質断食をしている間は冷えないように
足湯をして、足首・足裏をしっかりマッサージして見てください。
むくみも取れやすくなりますし、
重だるさも軽減するかと思います。
あくまでもこれはダイエット目的では無いですが、多分
痩せます(笑)
そして、普通に糖質的な食品、パンや果物を
食べた時に『甘〜〜〜〜〜い!!』と気づくかと。

とにかく、糖質の摂り過ぎを自覚して
体を軽くし、タンパク質を多めにとっていくことが
肉体を健康的に保つ秘訣かと思われます。

*漢方のカウンセリングはご予約で承っております。
ご予約はこちら

*養生について詳しく知りたい方は
講座にご参加ください
養生講座

2018/10/04

栗は身近な薬膳食材

栗は身近な薬膳食材

秋の味覚『栗』は身近な薬膳食材です。
中国の甘栗も、日本の甘栗も。
栗は何と言ってもエネルギー『気』に働きかけていく食材です。
胃腸の働きを活発にし、下痢しやすい体質改善に役立ちます。
食べ過ぎると便秘になることも考えられますので
気をつけましょう。
温の性質なのでお腹が冷えて下痢をしやすい方に特に
オススメです。体の中を温めていくエネルギーですね。
つまり『陽』の性質が強いのが特徴です。
また、先天の精『腎』の働きを補う補腎食材でもあるので
老化予防、足腰の強化に役立ちます。
女性では冷えて高温期が安定しない方に良いですね。

栄養学的な部分を調べてみると亜鉛や鉄も含んでいます。
亜鉛はホルモン分泌や髪の毛、肌にも良い影響を与えてくれます。
実際、薬膳でも男性機能を活性化する食材としても
登場しています。
男性って案外、下痢っぽい方多いですよね。

薬膳としては鶏肉と炊き込みご飯にしたり、おかゆにしたり
というのが多いようです。

また、カリウムも多いので、むくみや高血圧にも
良いとされています。

薬膳的に考えると全て『腎』に繋がります。

ちなみに性質・性味/帰経は温、甘/脾・胃・腎となります。

成長・発育・生殖・老化の人の一生を支える『腎気』は
身近な食材でコツコツ養い続けることが大切。
1回食べたらどうなるものではなく、毎日無理なくコツコツ。

季節の栗はおこわにしたり、渋皮煮にしたりも良いですが、
本日は焼きポン栗。
水に一晩浸して、魚焼きグリルでしっかり目に焼けば
鬼皮も渋皮も剥きやすいです。
焼く前に栗の表と裏に包丁で切れ目を入れておくことを
お忘れなく☆

 

 

2018/10/02

妊活は夫婦で

妊活は夫婦で

漢方薬で不妊治療、妊活を、とお考えの方も最近は少しずつ
増えてきました。
病院での治療をしている方も、治療を始める前の方も
そして、病院での治療はお休みして、という方も様々ですが
自分の体を整えて妊活して行く、というのは
自分の体だけではなく、生まれてくるお子さんにも
プラスの結果に繋がります。

以前は奥さんのみがご相談に来ていただくことが
多かったのですが、漢方薬を服用して、体調が良くなり
基礎体温も良い状態になってくると、どうしても
???という時がきます。

奥さん側の体より旦那さんを見ないといけないかも・・・

という時です。
体外受精などをしても、着床はするけれど
10週を超えてこないことが何度か続くことがあったり、
治療をしていなくても基礎体温を見ていると
これは妊娠に至るかも・・・と思っていても
月経になってしまう。

『ご主人は検査をしていますか?』という伺うと
していて、問題がない、という方もいますし
検査になかなか行ってくれないという方もいます。

若くても精子が動かない、数が少ない、という方もいます。

精子の質が悪いとやはり受精できたとしても
受精卵の質は芳しくないので、なかなか着床しにくかったり
着床しても10週を超えることが難しいことも。

なつめやでは奥さんが先行して漢方薬を飲んでいても
ご主人に二番煎じ、または、多めに煎じ薬を作っていただいて
二人で分けて飲んでいただくこともあります。
そうして、お二人で飲み始めて良い結果に繋がって行くこと
も多く、やはり妊活は夫婦でやった方がいい、と考えています。

ご主人たちは仕事に追われている中で日々消耗しているのが常だと
それが当たり前の状況なので、なかなか自分の状況がわかりにくいかもしれません。

奥さんたちから見て疲れているな〜ということがありましたら
毎日の食事から気をつけたり、お酒の量や、生活習慣
お二人でできる妊活をすることで、一人で抱え込まず、
二人で乗り越えて行く、心強さも生まれるかと。
まずはできることから。
焦らず、互いのペースを合わせながら進んで行きましょう。

2018/10/01

10月の予定

台風が9月の終わりにやって来て
全てを流し去るかのような大雨の後に
10月1日の朝からは快晴となりました。

自然災害の多い2018年ですが、その自然の脅威の
前に私たち人間は歯が立ちません。
自然と共生し、自然の道を壊すのではなく
もたらしてくれる恩恵を『もっと もっと』と
求めていくよりも、与えられていることに
感謝し、謙虚になる時期が来ているような
そんな気がしています。

私たちの心身も夏の暑さで、疲れが溜まっていたり
体の中から乾いていたり、急に体が冷えて来た
など体の変化を感じれるのは、自然の中での
体の変化を感じ取れている証拠。
良いことです。

外向きの意識では冷えているということも
感じず、冷えたものを飲食しやすく
これから迎える秋冬の体の変化に
対応できなくなります。

自然と共生していく、というのは
自然の変化とともに体も変化し、生活や食事なども
変化させていくこと。
それが『養生』なんですね。

今の時期に大切なのは夏の間に失っている
気血を補うこと。
葉物、夏野菜から根菜・穀物への食べ物を
変化させていったり、旬の果物の梨・柿・りんごなど
は体を潤してくれますが体を冷やしやすい性質なので
食べ過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。

さて、養生の講座は
今月はカネマツさんで10月17日11時〜となります。
『家庭の薬膳養生講座』

そして、自然と自分たちの心身の調和を学ぶ
『陰陽五行講座』は11日〜始まります。
こちらは最終受付は5日までとしますので
ご興味のある方は是非ご連絡くださいね。

*定休日、臨時休業日はホームページ
下部のカレンダーを参照してください。

9月は上田のsoinカフェさんでハーブの講座をしたり
気功養生講座をしたりと、薬膳以外の講座が
増えて来て新鮮な学びの多い月でした。
来年もハーブの講座などやってみようかな〜と思いました。

春からいろいろなチャレンジをし、秋になり
それが実を結び、今年のまとめに入る感じです。
陰陽五行講座は基本をしっかり踏まえ、東洋哲学の面白さ、
深さを学ぶ機会となり、新鮮な気持ちでやはり学び直しているように
感じます。
自分が歩んで来た道を改めて振り返り、さらに深く掘り下げていく
過程・学びもこの秋にはぴったり。
皆さんも秋の深まりとともに、自分の中でもう少し学んで見たいな〜と思うこと
にチャレンジして見てはいかがでしょう?














これから紅葉シーズン、山歩きも気持ち良いものです。
なつめやとトレッキング、いかがでしょう?

なつめやブログblog

長野市にある漢方とハーブのお店なつめやオリジナルブレンドハーブ

seasonal dishes季節の薬膳

  • 昆布とキヌアのきんぴら

昆布とキヌアのきんぴら

春の初めには冬の間に溜め込んだ余分なエネルギーを排泄(デトックス)する ことで肌荒れ、めまい、ほてり、のぼせ、イライラ、高血圧、 アレルギーなどの春に起こりやすい症状を和らげた...

month's course今月の講座

長野市にある漢方とハーブのお店なつめや

なつめや オリジナルアイテムoriginal item

  • 漢方とハーブのお店なつめや養生 黒豆玄米茶

    養生 黒豆玄米茶

    七二会にある黒豆農家さん、炭火焼職人さんと一緒に黒豆玄米茶をつくりました。香ばしい香りと、まろやかな甘みが自慢の一品です。
  • 長野市にある漢方とハーブのお店なつめやオリジナルハーブティー

    オリジナルハーブティー

    ハーブには漢方薬とは違う、癒しのエネルギーがあります。なつめやでは色々な気持ちに寄り添うようなハーブティーをご用意しております。
長野市にある漢方とハーブのお店なつめや

schedule営業日のご案内

なつめやは長野市善光寺の門前・桜枝町にある漢方薬局です。漢方薬の処方、ハーブティーの販売、ハーブティーのブレンド、食養生に関するアドバイス、薬膳講座の開催、薬膳メニューのプロデュースなどを通し、身近な漢方薬局として、より多くの方が元気になれるよう、日々願いながら活動をしております。特に、不妊でお悩みの方、現在妊活をされている方、月経不順・月経困難、更年期症状などでお悩みの方、女性の身体に関するお悩みについてのご相談並びに漢方薬の処方も承っております。
カウンセリングご希望の方・漢方薬の処方をご希望の方は、お電話または予約フォームからご連絡ください。

長野市にある漢方とハーブのお店なつめや