なつめやのinstagraminstagram
なつめやのfacebookfacebook
なつめやのtwittertwitter
長野市にある漢方とハーブのお店なつめやブログ

なつめやブログ

長野市にある漢方とハーブのお店なつめやブログ

Oct.02 2018 | category:不妊/妊活

妊活は夫婦で

妊活は夫婦で

漢方薬で不妊治療、妊活を、とお考えの方も最近は少しずつ
増えてきました。
病院での治療をしている方も、治療を始める前の方も
そして、病院での治療はお休みして、という方も様々ですが
自分の体を整えて妊活して行く、というのは
自分の体だけではなく、生まれてくるお子さんにも
プラスの結果に繋がります。

以前は奥さんのみがご相談に来ていただくことが
多かったのですが、漢方薬を服用して、体調が良くなり
基礎体温も良い状態になってくると、どうしても
???という時がきます。

奥さん側の体より旦那さんを見ないといけないかも・・・

という時です。
体外受精などをしても、着床はするけれど
10週を超えてこないことが何度か続くことがあったり、
治療をしていなくても基礎体温を見ていると
これは妊娠に至るかも・・・と思っていても
月経になってしまう。

『ご主人は検査をしていますか?』という伺うと
していて、問題がない、という方もいますし
検査になかなか行ってくれないという方もいます。

若くても精子が動かない、数が少ない、という方もいます。

精子の質が悪いとやはり受精できたとしても
受精卵の質は芳しくないので、なかなか着床しにくかったり
着床しても10週を超えることが難しいことも。

なつめやでは奥さんが先行して漢方薬を飲んでいても
ご主人に二番煎じ、または、多めに煎じ薬を作っていただいて
二人で分けて飲んでいただくこともあります。
そうして、お二人で飲み始めて良い結果に繋がって行くこと
も多く、やはり妊活は夫婦でやった方がいい、と考えています。

ご主人たちは仕事に追われている中で日々消耗しているのが常だと
それが当たり前の状況なので、なかなか自分の状況がわかりにくいかもしれません。

奥さんたちから見て疲れているな〜ということがありましたら
毎日の食事から気をつけたり、お酒の量や、生活習慣
お二人でできる妊活をすることで、一人で抱え込まず、
二人で乗り越えて行く、心強さも生まれるかと。
まずはできることから。
焦らず、互いのペースを合わせながら進んで行きましょう。