なつめやのinstagraminstagram
なつめやのfacebookfacebook
なつめやのtwittertwitter
長野市にある漢方とハーブのお店なつめやブログ

なつめやブログ

長野市にある漢方とハーブのお店なつめやブログ

Dec.04 2020 | category:スケジュール

2020年12月の予定

2020年12月の予定

11月は10月に比べて比較的穏やかで暖かい日が続いて
10月の急激な寒さで冷えを強く感じられていた方も
少しほっとしたのではないでしょうか。
コロナも第3波となり、予想はしていたものの
自分の日々の対策をしっかりするしかないですね。
免疫を保ためにも食事・睡眠・体温キープが
鍵となります。
体温は36度は欲しいところです。
最近では男性やお子さんの冷えなどもあるようですが
日々の飲食物の影響の大きさが気になる所ですね。
冷たいものを飲食したり、冬でもアイスを食べたり・・・。
コロナだけでなく、免疫という観点からもお勧め
できるものではないです。
食べているものから体はできているので、何を食べているのかは
病気になりやすい、なりにくいの影響に当然なってくるわけで。
糖質の強いものを食べていると糖質そのものはエネルギーで
冬となると発散できなくなるのでエネルギー過多になり
イライラ、吹き出物、不眠につながりやすくなります。
また、糖質そのものは体の中で粘っこい水として
たまりやすく太りやすくなるだけでなく、冷えやすく
また、むくみやすくなります。特に下半身。
気を付けないとなりませんね〜。
たまに甘いおまんじゅうを食べたり、お団子を食べたり
私もしますが、冷えた糖質は摂らないように気を付けています。
全く食べない、と言うのもそれはそれでストレスですし、
食べるとしても体を冷やしにくい、たまりにくいものを
選んで食べる、と言うことがポイントです。
12月はクリスマス、1月のお正月と甘いものの誘惑が増えていきますし。

また、寒くなり、コロナも身近になってきて外へ出にくくなります。
エネルギーが発散されず、気血の巡りが悪化しやすい状況です。
下半身の冷えが強いと、頭部はのぼせたような感じとなり
東洋医学では頭部に『熱』がこもった状態と見ます。
イライラしたり、不眠などに発展しやすなります。
単純に下半身を温めても、体の中の気血の循環が悪いと
温めた熱がそのまま頭部に上ってしまい症状は悪化するだけで、
下半身は冷えたままになりやすくなります。

手をグーにしてお尻の窪んだ辺りを叩いて筋肉をほぐし、
骨盤周りの筋肉を動かしやすくしてあげます。
その後、ストレッチをしたり、また、私が以前からお伝えしている
気功の一つの振動功(ブラブラ体操)をして
体全体をほぐして気血の流れを整えてあげることを
1日わずかな時間でもしてあげると良いですよ。
家の中で少しでも良いので体を動かすようにしましょう!

今年から年始のご挨拶の年賀はがきは割愛させていただきます。
ブログでのご挨拶のみとさせていただきます。
ご理解のほどお願い致します。

また、年末年始は予約・発送が立て込みやすく
なります。初めてのご相談の方は早めにご連絡ください。
よろしくお願い致します。

今年もあと1ヶ月。
来年はどんな年にしようか、どんなことをしてみようか
色々と計画を練りつつ、体調を調えてお過ごしください。

12月の予定

・9・10(水・木)・12(午前休み)
・16・17(水・木)
・23(水)24(木・午後)
・28(月・午後)〜1月4日(月)年末年始休業