なつめやのinstagraminstagram
なつめやのfacebookfacebook
なつめやのtwittertwitter
長野市にある漢方とハーブのお店なつめや

漢方とハーブのお店 なつめや

長野市にある漢方とハーブのお店なつめや
2018/11/28

気功をオススメする理由

気功をオススメする理由


気功、と聞くとなんだか怪しい・・・とか
なに?それ?なにやるの?って普通に思って当然のことと思います。
ヨガでもないし、太極拳でもないし・・・
『気』とつく時点でよくわかんない、ってなる。

身体の中に流れている『気・血・水』


東洋医学では体の中に流れているものを『気・血・水』で
考えていきます。
血・水は物質なので目に見えるのでわかりやすいです。
血の巡りが悪くなる、とよく言いますが、
ではその血を巡らせているのはなんですか?っていう話。
心臓はポンプです。
送り出している場所。
血管は流れている場所。
なにが原動力として心臓を動かしているのか?
を考えた時に、エネルギーがあって動かしている、となります。
そのエネルギーこそが『気』です。

『気』ってなに?


『気』があって初めて色々なものが動いたり、温まったり
ものが変化したり、維持したり、となります。
体を動かし、温め、代謝させ、維持し、守る。
当たり前のことのように体を動かせているのは『気』によるものと
東洋医学では考えます。

でも『気』って見えないわけです。
見えないけれど、感じることはできる。

話をしなくてもなんとなくこの人イラっとしているな、とか
この人なんとなく楽しそうだな、とか
表情だけでなくても、例えば電話口でもそういうことを
感じることはあります。

また、ある場所へ行くと気持ちがいいな〜と感じる事もあれば
反対になんだかぐったりする、という場所もある。

この人といると疲れるな、と思う事もあれば
この人といると元気が出るな〜とか。

『気』は見えないけれど私たちは無意識のうちに感じています。
見えないから『無い』ではなく、『感じ取ろうという力』、
意識が大切。

自分の中に『気』が今どんな状態なのか?というのを
感じるのはなかなか難しいのですが、
『気功』をして、自分の体の中の『気』の流れが良くなると
なんとなく自分の『気』の状態が感じれるようになってきます。

いい状態なのか、少し疲れている状態なのか。

そこすらわからなくなってしまっている人も多く、
病気になって初めて自分の体のことに意識を向ける
ということがあります。
自分の体や、『気』の状態を感じて、自分の活動をしていくというのは
自分の体を守り、健康を維持していく上では大切なことだと思うのです。

『気』と『血』の巡り


血の巡りを整えようと思う時、その血を動かしている
気の巡りを良くしてあげるとより効果的になります。

気が滞ったまま(気滞)ではそこには血の滞り(瘀血)ができやすくなってします。

何か不調が出た時『ストレスのせいかな?』と思うことが
あると思いますが、そのストレスこそが『気滞』。
ガンなども『ストレスが原因なのでは?』と思う人も
いるかと思いますが、はっきりした原因は西洋医学的には
わかりませんが、東洋医学ではやはり強い『気滞』と『瘀血』
がもたらしたもの、と考えることができます。

気功で『気』を巡らせて『血』を巡らせ、病気を予防する


『気』は温め、動かす原動力なので気滞になればその部分は冷えて、
血の巡りが悪くなり、病気を作る元になりかねなません。

『気』というものを自分の体において少し意識していくと
自分の体が疲れやすい、この部分が重たい、この部分が冷えるということを
気功をすることで『気』の巡りを整えることで改善していくことができます。

気功っていうのは『気』を体内に循環させるトレーニング、運動です。
気功をすることで見えないものが見えるようになるとか、
ハンドパワーで治すとか、そういうことではなくて
自分で自分の体の中に流れている気・血・水を循環しやすくするもの。
結果、身体の調子もいい、風邪もひきにくい、代謝が上がって体がポカポカ
体型を維持する、老化予防、などに役立つわけです。

マッサージや何かの治療を受けても
数日すれば体が元のように強張ってしまったりしては
なんども治療を受けないとならない。

気功は日々の積み重ね


もともと、私も鞭打ちを2度やっているので
首・肩がこわばりやすく鍼治療を週に1度は欠かせませんでした。
それを、自分でトレーニングして
体の調子を整えていくことができれば
それが一番なんじゃないかな?と思い、私は学ぶことにしました。
おかげで今では鍼治療はほとんど行かないで済んでいます。

気功は単純な動作のトレーニングです。
無心に行い、自分の体のエネルギーを循環させ、血の巡りを整え
自分の体をパワーアップさせるためのもの。

日々コツコツ積み重ねていくものです。
なつめやでは気功の練習会や講座などを通じて
自分で自分自身の体を整えて、病気の予防ができるんだ
ということを体感していただけたらと思っています。
ご興味のある方は是非、ご参加ください。

2018/11/10

風邪の漢方・養生

風邪をひいた時の漢方や養生

風邪には葛根湯、といつからかよく言われる様になりましたが
実際は私はほとんど使うことがないです。
漢方薬局屋ですが。
葛根湯を飲んで風邪を改善させていくタイミングが大切です。
風邪の初期の初期にゾクゾクする〜という時に
飲んで、お風呂はいって(私は入ってしまう)、汗をしっかり
かいて風邪の症状を汗で散らす、ということができれば
成功です。高熱でガッと治すというのに葛根湯は使えます。
こういう手法を辛温解表、汗法と言います。
ただ、葛根湯が家にない時もありますから、そう言うときは
大量のネギを刻んでお味噌汁に入れて
一気に身体を温めます。お風呂も熱めのお風呂にさっと入って
汗が出始めたら上がり、お布団にくるまって汗をしっかりかくことです。
汗をかき始めたら栄養補給です。
すりおろしリンゴやはちみつレモンなどを頂くと
糖分や潤す作用のもので汗をかいて乾いてしまうと言うことは
防げます。

しかし、汗をかかせることができず、ぼーっと
熱っぽい症状が続いてしまうとそれはもう、体の中に風邪の
邪気が入り込んでしまっているので、そうなると葛根湯で
温め続けていると体力が消耗したり、喉が乾いてきて
空咳が出たりし始める。
そうなると、葛根湯ではないんですよね。
体の熱をとる様に潤してあげたり、
体力を上げていきながら熱を下げる様な漢方に
切り替えていきます。
今年は夏に汗をかいてだいぶ体の中が乾いている方が多いためか
風邪をひいて熱は取れたけれどいつまでも
喉がイガイガしたり、空咳が出てひどいと喘息気味になってしまって
という方もいます。
お腹を温めながら潤してあげるのが大切です。
食べ物でも蜂蜜やレンコン、アーモンドミルクなどで
肺を潤す食養生ができます。
乾いた咳が少しずつ痰が絡み始めたら潤いが出てきているので
肺を温め始めたりします。
その場合は背中にホッカイロ。
特に首の後ろを少し下がったところにポコっと骨が出ている
場所に『大椎(だいつい)』というツボがあります。
様々な邪気の出入り口になりやすい場所ですが
その辺りにホッカイロを貼ってあげると
肺も温まりやすく、風邪が改善しやすくなります。
普段も首・肩が凝りやすいと言う方はここに
小さめのカイロを貼っておくと良いです。

ただ、風はこじらせると大変なので、養生なんとかできる
体力のある方や、時期を読み間違えないことが大切ですね。
どの人にも養生法だけで治せるかといえばそういうことでも
ないですし、体力が消耗すると治りにくくなってしまいます。
また、小さなお子さんなどは熱が上がりすぎると脳に影響を
残しかねないので、早めの対処がとても大切。

風邪を引く、長引くということはそもそも体の免疫、抵抗力が
落ちているということですが、それは自分の体を守る
エネルギーが不足している、ということです。
睡眠をしっかりとり、体を温め、よく食べて
体のエネルギー回復をすることが大切なのは言うまでもありません。

今年は夏の影響が体に残っている人が多く
体が冷えていたり、乾いたりしているため
抵抗力が落ちています。インフルエンザやその他の風邪が
身体に入りやすい状態になっていますので
できるだけ日々の養生を大切にしてください☆

 

 

2018/11/02

なつめや11月の予定

なつめやの11月の予定

霜月となり、本当にいつ霜が降りても不思議ではない
寒さの朝夕となりました。
11月7日に立冬となる前から冬を感じるような
急激な季節の変化で風邪をひいている方も多いようです。
特に空咳が続いてなかなか治らない、インフルエンザが
早くも流行したり、風疹が大流行したりと
今年は様々な病気が秋冬にはやる可能性が
強いと感じています。

というのも、夏にかなりの暑さで汗をたくさんかいて
気血が消耗しているだけでなく、暑かったために
冷房を効かせていたので体の芯は冷えている可能性があります。
通常、夏はあまり冷やしすぎないようにして
冷えを改善していくと良い、という季節なのですが
今年は流石にそのようなことはできませんでした。

血の消耗により体の中から乾きやすくなり、
気の消耗により免疫も落ちています。
今からでも気血をしっかり補充して風邪予防に努めてください☆

身近な食材では蜂蜜レモンや、生物は食べず(野菜も魚も)
すべてのものに火を通し、食材にとろみがつくような
感じにすると乾き感がとれやすくなるかと思います。
白っぽい食材、例えば白ごまやだいこん、レンコンなども
体を潤しやすい食材となります。
片栗粉や葛でトロミをつけた餡や鳥手羽や豚バラなどの
少しコラーゲンの含んでいるような部分を
使うなどすると体もしっかり気血が満たされやすくなるかと
思います。鍋は楽に色々な食材を摂れますね☆

さて、11月の予定です
・毎週水曜日に加えて
・12日〜15日まで
・22日(木)は午前中
・4日(日)・17日(土)・29日(木)がお休みとなります。
カレンダーでご確認ください。

☆講座は
・22日:五行オンライン講座
・28日:上田アリオ気功養生講座
となります。
詳しくは講座情報をご確認ください。

2018/10/01

10月の予定

台風が9月の終わりにやって来て
全てを流し去るかのような大雨の後に
10月1日の朝からは快晴となりました。

自然災害の多い2018年ですが、その自然の脅威の
前に私たち人間は歯が立ちません。
自然と共生し、自然の道を壊すのではなく
もたらしてくれる恩恵を『もっと もっと』と
求めていくよりも、与えられていることに
感謝し、謙虚になる時期が来ているような
そんな気がしています。

私たちの心身も夏の暑さで、疲れが溜まっていたり
体の中から乾いていたり、急に体が冷えて来た
など体の変化を感じれるのは、自然の中での
体の変化を感じ取れている証拠。
良いことです。

外向きの意識では冷えているということも
感じず、冷えたものを飲食しやすく
これから迎える秋冬の体の変化に
対応できなくなります。

自然と共生していく、というのは
自然の変化とともに体も変化し、生活や食事なども
変化させていくこと。
それが『養生』なんですね。

今の時期に大切なのは夏の間に失っている
気血を補うこと。
葉物、夏野菜から根菜・穀物への食べ物を
変化させていったり、旬の果物の梨・柿・りんごなど
は体を潤してくれますが体を冷やしやすい性質なので
食べ過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。

さて、養生の講座は
今月はカネマツさんで10月17日11時〜となります。
『家庭の薬膳養生講座』

そして、自然と自分たちの心身の調和を学ぶ
『陰陽五行講座』は11日〜始まります。
こちらは最終受付は5日までとしますので
ご興味のある方は是非ご連絡くださいね。

*定休日、臨時休業日はホームページ
下部のカレンダーを参照してください。

9月は上田のsoinカフェさんでハーブの講座をしたり
気功養生講座をしたりと、薬膳以外の講座が
増えて来て新鮮な学びの多い月でした。
来年もハーブの講座などやってみようかな〜と思いました。

春からいろいろなチャレンジをし、秋になり
それが実を結び、今年のまとめに入る感じです。
陰陽五行講座は基本をしっかり踏まえ、東洋哲学の面白さ、
深さを学ぶ機会となり、新鮮な気持ちでやはり学び直しているように
感じます。
自分が歩んで来た道を改めて振り返り、さらに深く掘り下げていく
過程・学びもこの秋にはぴったり。
皆さんも秋の深まりとともに、自分の中でもう少し学んで見たいな〜と思うこと
にチャレンジして見てはいかがでしょう?














これから紅葉シーズン、山歩きも気持ち良いものです。
なつめやとトレッキング、いかがでしょう?

2018/09/02

9月の予定

9月に入るとすっかり長野は涼しくなりました。
秋の花粉症も出てきたり、空気も乾き始めてきたような
自然の急な変化を感じます。
作物も夏野菜からコメ・豆・根菜と採れるものも変わってきます。
昨年から販売を始めた黒豆玄米茶の黒豆も
今年は順調に育ち、新豆茶が楽しみです。

さて、今月は色々とイベントが続きますので忙しく
楽しみな1ヶ月です。

5(水)・6(木)・12(水)・13(午後)
26(水)・27(木)
に加えて
16(日)・17(月)・22(土)・23(日)
が休みとなります。

なお、19(水)・20(木)はお店を開けます。

☆16日は上田のSoin CafeさんでハーブティーづくりのWSがあります。
Soin Cafe 『身体を調えるハーブティーと季節の養生』
体質をチェックしながらどういうハーブが良いのかな〜と
色々なハーブを組み合わせていきますが、何にポイントを
置いて作ると身体にも心にも響くような
オリジナルのハーブティーが出来上がります。
漢方薬を作るのに似た感覚でハーブティーを作っていきますので
ご興味のある方は是非ご参加ください。
Soin さんの美味しいお菓子と一緒に楽しく美味しい時間になります。
ご連絡はなつめやへご連絡ください。

☆26日(水)は上田アリオさんで気功養生講座です。
気功をしっかりし始め、おそらく変化を一番感じるのは
秋・冬以降でかと思います。今年は冷え性知らずで
過ごしたいな〜、冷えが気になる、という方は
初めてでも大丈夫な講座ですので、気楽にご参加ください

☆30日は田邊先生による特別気功養生講座です。
1部の実践気功講座はお申し込みが定員に達しましたが
2部の気功薬膳講座はあと2名ほど空きがあります。
また、別料金でカネマツさんの薬膳弁当もお持ち帰りできるように
なりました。田邊先生の講座は年に1回のものとなります。
特別気功養生講座

また、五行オンライン講座も募集中です。
五行のそれぞれの特徴だけでなく、それぞれの
関わり方、その関わりの中でどこに視点をおくのかで
五行の世界観もグッと深まってきます。
自然と体の関わりだけでなく、風水や四柱推命など
五行が基本になっていますので、
また、違った意味で面白があります。
五行オンライン講座


イベント・講座が続き色々な人と関わり、学び
輪を拡げていく、というのも楽しみの一つです。
秋は興味のあることを深めていくのも良いですね☆